企業や家庭で電子化するときに利用できるシステム

データを守る

世界中を飛び回る

パソコンが故障した場合、ユーザーにとって一番打撃を受けるのがhddの故障です。hddの故障では、今まで蓄えたデータやアプリケーションまでもが無となってしまう事もあるので、バックアップを念入りにさせておくことが重要です。 バックアップには、メディアへの記録が挙げられますが、その記録先にはCDやDVD、USBメモリ、hdd、サーバーなどの記録媒体が存在します。これらには長所や短所が数多く存在し、容量、費用、バックアップ効率に違いがあります。 バックアップを行う際には、データが対象となりがちですが、場合によってはアプリケーションも保管しておきたいケースは数多くあります。故障直後に、直ちに予備システムで稼働できるかどうかがバックアップ内容や種類で決定するものであり、記録媒体の選定は非常に重要な事なのです。

hddのコピーは非常に優れたバックアップ効率を生み出してくれます。コピーとは主に、パーテイションの一部又は全てのコピーを指しており、後者ではクローンと呼ぶこともあります。もちろん任意のデータコピーが可能であるがゆえに、ユーザーの用途に応じて様々な活用ができます。 バックアップ効率が良いとは、柔軟なコピーだけを指す事だけではなく、hddが故障した場合にも大きなメリットが生まれます。特にクローンを作成しておいた場合には、hddの入れ替えのみで修理完了となります。通常リカバリーによってOSの再セットアップが必要なものでありますが、クローンでは、故障したhddそのものを利用するイメージとなります。 このhddコピーを行う手段にも様々であり、市販された専用の装置を用いる、市販あるいはフリーのソフトを使用するなどが挙げられます。どのような手段であろうが比較的容易に、安くで効率よく行えるバックアップ方法であることが言えます。