企業や家庭で電子化するときに利用できるシステム

ペーパーレス化とは

仕事をする男性

一昔前は大きなロット生産が大きな割合を占めていました。製造ライン上でもロット製造の間は同じ作業が続くため、作業者の手順は繰り返し作業が多くありました。繰り返し作業のため実際の作業範囲は限られ作業員もそれぞれのスキルにあった工程で作業すれば良い為、進捗なども分かりやすい状況でした。しかし昨今ではロット生産は影を潜め多品種小ロット化が進み。1日の内数種類の製造に携わることが通常となってきました。いくつもの機種が流れることにより製造現場も作業内容が複雑化されるため製造品に図面を付与して図面を見ながらの作業が増えていくことになりました。このような現状ですと製造品のほかに図面の管理も追加され、帳票の印刷コストをなくすことも含め製造に関わる全ての帳票がペーパーレス化に進んでいくことになりました。

ペーパーレス化に伴う電子データ管理により、製造現場でもいくつかの恩恵を受けることになりました。紙資源の節約による環境への配慮が一つにあげられます。環境問題は様々な会社で数値目標などが挙げられることも少なくありません。そのため本来のものづくりとは別の問題も解決せねばならず、データ管理は環境問題に対しても大きく貢献することが出来ます。また図面などの電子データを表示する際。それまでの製造上での不良内容や不具合状況まで情報提供することが可能となりました。各作業員は電子データ化された図面や様々な情報から製造上での注意点がわかるようになりました。更に。工程を細分化させ手順通りの作業を細かくパソコンやタブレットを使用して作業者に指示することにより作業の効率化が計られました。ペーパーレス化により紙で残されている図面も劣化が抑えられ、データという形で保存されることにより様々な場所や工程から図面情報が参照できるようになりました。必要なときに必要な情報だけを表示する現在主流の運用の流れはペーパーレス化における電子データの使用にマッチしこれからも様々な場所で展開されていくでしょう。